上尾市で外壁塗装なら勇建へ

メール
問合せ
電話
問合せ
ブログ

スレート屋根塗装時の縁切り

縁切りというと聞き慣れない方も多いと思いますが、スレート屋根の塗装をする際には欠かせない作業のひとつ。屋根材と屋根材の間に少し隙間を作る作業のことを言います。
スレート屋根の塗装を行う際、この”縁切り”という作業をきちんと行っているかどうかは実はとても重要です。屋根だけの問題ではなくご自宅が快適に過ごせるかどうかにも関わるのです。

縁切りとはどんな作業の事?どうして必要なの?

 

なぜ、わざわざ塗装したのに隙間を作るのか?というと、雨漏りと結露を防ぐためです。
スレート屋根とは、軽量で薄い屋根材で、従来の重い瓦に比べてコスト安ということもあって、現在もっとも人気があり多く使われている屋根材です。

スレート屋根は、薄い屋根材を少しずつ重ね合わせながら屋根に敷き詰めていくのですが、重ねた部分に少しの隙間が出来ます。この隙間が屋根や家にとって、非常に重要な役割を持っているのです。

屋根には風雨によって雨水が入ることは避けられないので、この隙間から雨水や湿気を逃しているのです。
例えば、雨水や湿気を逃すことが出来ない場合には、湿気がこもって結露になってしまったり、それが経年劣化として屋根の下の部材が傷んで雨漏りへと繋がってしまうわけです。
つまり、屋根が呼吸するためにはとても大事な隙間なのです。

新築の際はこのようにしっかり隙間があることが当たり前ですが、塗り直す際、塗料がこの隙間を塞いでしまうのです。
そこで行うのが、”縁切り”という作業なのです。

縁切りの方法

 

縁切りの方法は文字通りカッターで切る方法と、タスペーサーという部材を使用する方法があります。
当社ではこちらの2種類の方法による縁切りを行っております。

カッターでの縁切りはリスクも多く、また非常に手間もかかるため、業者によっては省略してしまう場合もあるようです。
タスペーサーとは五角形の形をした、セイム社から販売されている商品で、屋根と屋根との間に差し込むだけで、
隙間が確保されるため、従来のカッターで縁切りを行うよりタスペーサーを使用する方が、作業時間の短縮にもなります。

しかし、必ずしも縁切りやタスペーサーが必要になるとも限らないので、見積もりの項目に無いなど不安なことがあれば業者に確認することをおすすめします。

当社では、お客様が不安なく工事を進められるよう、疑問点がありましたらわかりやすくご説明することを心がけておりますので、お気軽にご相談お問い合わせお願いいたします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

  1. モルタル 外壁 クラック Vカット補修

  2. 風水で選ぶ外壁の色

  3. 御見積 診断無料

PAGE TOP